top of page

理事長のんちゃんのこと

理事長 岩 本   希

~略 歴~

1988年北海道函館市生まれ札幌育ち

北海道札幌啓成高等学校卒業

北星学園大学社会福祉学部卒業

北星学園大学大学院修士課程修了

2013年~北星学園大学実習助手

2017年~北翔大学健康福祉学科講師

2023年~独立、現在に至る

現在複数の大学、専門学校にて講師として社会福祉、社会貢献、

地域で暮らすことを教えながら地域実践に取り組んでいる。

趣味/特技 歌うこと​/発案

好き/嫌い 美味しいもの/虫

​資格 社会福祉士、保育士ほか

*​個人インスタもぜひご覧ください

  • Facebook のアイコン
  • Instagram のアイコン

恩おくりの「のんちゃん」こと、

​ページをご覧いただき、ありがとうございます。

理事長の岩本 希と申します。

 

社会を変えることなんてできないかもしれないけど、

一人でも多くの人が優しさを遠慮なく送り、受け取り、

すべての人が安心して暮らせる社会になるよう働きかけることを諦めたくない。

そんなことを思っています。

高校時代、ボランティアサークルに所属し子ども、遺児、貧困、高齢者、障害者やその家族向けなど

さまざまなボランティア活動に参加してこんな疑問が浮かびました。

「なんで対象別の活動ばかりなんだろう。だから差別も偏見もなくならないんだべ」

「もっとみんなが一緒に集まってつながる場所があればいいのに」

そんな経験と、幼少期から同居していた祖母の老いと生活の変化を間近で見ていた影響で

福祉を学ぼうと福祉系大学へ進学しました。

ホームレス支援団体での活動や社会福祉士の実習、講義で学んだコミュニティワークなどから

「住み慣れた地域(自宅)で暮らし続ける」ために、どうしたらいいのか?を

もっと考えてみたくなりました。

6年間勤めた大学では、社会福祉学を教えつつ江別市内の居場所づくりなどに取り組みました。

本当に様々な生活背景のある大学生や住民らとかかわる中で

「誰もが自分らしく生き、自分らしく死ぬこと」を実践から追究したくなりました。

思い切って退職し、支え合いの地域づくりへ全力で挑戦しようと覚悟を決めました。

住み慣れた地域で暮らし続けるために必要なこと、

それは「誰もが認め合い支え合うこと」ではないでしょうか。

​私自身も皆さんに助けられながら、江別市に留まらず「認め合い支え合い、そして育ち合う」社会を発信していけるよう、頑張っていきます。

私は生まれてから今まで人や環境に恵まれ、本当に幸せに日々を過ごしています。

でも周りには、さまざまな生きづらさを抱えている人がたくさんいる。

自分らしく幸せに生きることができない人がたくさんいるこの社会へ疑問を抱いています。

人に頼らず生きることではなく、頼り頼られながら生きることがどれだけ素敵なことか。

bottom of page